フランチャイズのオーナーになる

最近は、夫婦や家族などのパートナーがいなくても、フランチャイズのオーナーになることができる場合が多くなっています。
背景としては、独身者が多くなってことがあるかもしれません。
また、最小限に自己資金を抑えて、融資を本部に行ってもらってオーナーになったり、独立支援制度によって店長になってからオーナーを目指したりする場合もあります。
非常に経営タイプも多様化してきているでしょう。

一般的には、建物と土地をオーナーが準備して開業する場合と、建物や土地を本部が準備して開業する場合があります。
では、どちらの方が得になるのでしょうか?結論から言えば、自分で建物や土地を準備して開業する方が先々は、出費は少なくなるでしょう。
本部が建物や土地を提供する場合は、高いロイヤリティーの比率にして回収にその分が充てられる場合が多くあり、融資の場合には返済する必要があります。
本部から賃貸するというスタイルの場合には、賃貸料を支払うことが必要です。

しかしながら、建物や土地をいい立地条件のところに保有している場合もそれほど多くないでしょう。
土地代は必要なくても集客が期待できないような土地の場合には儲けが少ないため、これでは本末転倒になります。
本部は、競合他社の有無や人の流通量を徹底的に調査した上で、いい立地のところを提供してくれます。
土地をよほどいいところに保有している場合以外は、本部に土地を提供してもらう方がいいかもしれません。
本サイトでは、一般的な流れ、開業までの流れ、開業までの流れ、についてご紹介します。



■関連リンク
開業・研修・運営までトータルサポートをしている、フランチャイズの加盟を募集しているサイトです → フランチャイズ 加盟

Copyright © 2014 フランチャイズのオーナーになるには All Rights Reserved.